ヤマアイ
科目 トウダイグサ科 ヤマアイ属
季節 春の草花 開花 3~5月
全長 30~40cm 区分 多年草
説明 名前は、「山にある藍」の意味である。平安時代頃までは染色用植物として山藍が使用されていたようです。雌雄異株で、茎の上部の葉の脇から花柄を出し、緑色の小さな花穂を付ける。葉は長楕円状披針形で、縁には鋸歯があり対生で、光沢のある緑色をしている。渓谷沿いなどの湿った林縁に自生する。

春の野草へ  夏の野草へ  秋の野草へ

山麓の野草へ  湿地の野草へ  里山の野草 索引へ


里山 春の草花・野草

人里
山麓
湿地
non object