ミヤマナルコユリ
科目 ユリ科 アマドコロ属
季節 春の草花 開花 5~6月
全長 30~60cm 区分 多年草
説明 山にある「鳴子ユリ」の意味。花が付く姿が鳴子に似ていることに由来する。ミヤマナルコユリは、茎に稜(筋)があり、花が葉に沿って左右に分かれる。(ナルコユリは、茎は円柱状で、花は茎に沿ってきれいに整列して付く。)山野の林内

春の野草へ  夏の野草へ  秋の野草へ

山麓の野草へ  湿地の野草へ  里山の野草 索引へ


里山 春の草花・野草

人里
山麓
湿地
non object